2015年09月26日

ギャン泣きの理由(生後0〜2か月)

ギャン泣きこつぶ.jpg

以前にもお話した通り、こつぶはよく泣きます。

しかもジタバタ大暴れしながら長時間泣き叫ぶので

私も気がおかしくなりそうになったり…。

ギャン泣き対策におしゃぶり買ってみたり…。
(あまりくわえてくれないけど)

おしゃぶりこつぶ.jpg

なんでやろー?といつも考えていました。


で、なんとなくですが理由がわかった気がします。

それは

ウンチ&オシッコが出したいのに出ない〜!!!!



こつぶは予定より3週ほど早く2018gで生まれました。

内臓機能がまだ未熟なままだったのか、便がすっと出ない様子
(私の判断ですが)

泣き叫んでジタバタ大暴れしてからウンチをします。

オシッコも同じく…。


お腹が気持ち悪いのか、泣き叫んで大暴れして

出す直前に泣き止んでブリブリ、シャーシャー。

出し終わったら何ごともなかったかのような顔。

2か月に入るころまでは毎日のように1時間以上続くギャン泣き…

そりゃ母ちゃん滅入ります^^;



最初は理由がよくわからず「ギャン泣き=おっぱい飲みたい」だと思って

おっぱいばかりあげていました。

とりあえずおっぱいで口を塞げば、泣き止んでくれるし…。

なんか違うな〜と思いながらも

授乳したばかりでも、またすぐ授乳したりという毎日。

そのうち

授乳→お腹が刺激される→便意をもよおす→出る→すっきりして泣き止む

ということに気づき

ウンチが出やすい体制、ひざ上でウンコ座りをさせてみたところ
(岸本先生に教えてもらった体制^^)

これが的中!

ウンチョスこつぶ.jpg

おっぱいが飲みたいんじゃなかった〜。

こつぶの場合は「ギャン泣き=うんちょす」なのです♪

今ではギャン泣きせずにウンチやオシッコができる時もあり

ギャン泣き回数がずいぶん減りました。

ほんまに嬉しい^^

相変わらず、便意をもよおすと泣きますが、ギャン泣きは激減!

そして最近、少し長く眠れるようになってきました。

ほんまに嬉しい〜TT(←うれし泣き)

まだ、時々意味不明なギャン泣きもありますが

もうすぐ3か月、少しずつ成長しているこつぶです。

お休みこつぶ.jpg

今日はいまのところすやすや眠っています^^

このまま朝まで1回起きるぐらいでいけたら嬉しいな。
(いつも3〜4回は起きます)


来月からはカジョレギュラー営業開始する予定なので

眠ってくれなきゃ私の体力が…。


以下イベント参加者募集中です!


随時更新のfacebookページはこちらクリック→CafeCajjo
(facebookにアカウント登録していない方もご覧いただけます)




★9月カフェの日★
・6日(土)12:00−18:00
・12日(土)12:00−18:00
・14日(月)11:00−14:00
・17日(木)14:00−18:00
・22日(火祝)12:00−18:00
・29日(火)12:00−20:00


▲26(土)10:00〜11:30 「カジョ韓国語上級スタディ」¥1000(韓国茶&軽食付) 
講師はおりません。みんなで会話をしつつ勉強を進めます。

▲26(土)20:00〜23:00 「カジョ9月の誕生会」
・参加費:\1200(ワンドリンク、ケーキ付き)※誕生月さんは\1000
 →持ち込み大歓迎

▲27(日)10:00〜11:30「韓国語中級会話」 
¥3000(テキスト・ドリンク・軽食付)

▲10月18日〜山中裕介個展予定
 ・19日はイマイキ交流会あります(詳細は近日中にアップします) 

▲10月19日(月)@13:00〜15:00A16:00〜18:00「ひょうたんライト教室」
 手作りワークショップ参加者募集(詳細は明日にでもアップします)

▲10月26日(月)10:30〜11:30 「ベビーマッサージ&オーガニック野菜のランチ」¥2000
※ベビマ講習会費用・ランチ・ドリンク付き(パパもお子様も参加大歓迎です!!)


★ご予約受付中 2階 「もみほぐし&タイ古式マッサージ」
   薬膳茶付 予約のみ 詳細→チューニングセラピスト喜々の喜と愛楽ライフ


【Cafe Cajjo】
店主産後につきカフェは不定期OPENです。
第3章の再開をお待ちください。
Address:Japan Osaka Hirakata-city nishikinya2-8-3
住所:573-1192大阪府枚方市西禁野2-8-3
TEL:072-848-8481
e-mail:cafe.cajjo@gmail.com
posted by Cajjo at 01:25 | Comment(0) | カジョ店主の子育て日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: